聖霊降臨節第19主日の公同礼拝を守りました(2020.10.4録音など)

説教題

「イエスを十字架につけた」

 使徒信条講解⑤
 (ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ)

 木戸健一牧師


⏺録音


再生できない場合はファイルをダウンロードして下さい。

聖書箇所

旧約:イザヤ書 52章 13-15節
新約:ルカによる福音書 23章 13-33節*

13:ピラトは、祭司長たちと議員たちと民衆とを呼び集めて、
14:言った。「あなたたちは、この男を民衆を惑わす者としてわたしのところに連れて来た。わたしはあなたたちの前で取り調べたが、訴えているような犯罪はこの男には何も見つからなかった。
15:ヘロデとても同じであった。それで、我々のもとに送り返してきたのだが、この男は死刑に当たるようなことは何もしていない。
16:だから、鞭で懲らしめて釈放しよう。」
17:†
18:しかし、人々は一斉に、「その男を殺せ。バラバを釈放しろ」と叫んだ。
19:このバラバは、都に起こった暴動と殺人のかどで投獄されていたのである。
20:ピラトはイエスを釈放しようと思って、改めて呼びかけた。
21:しかし人々は、「十字架につけろ、十字架につけろ」と叫び続けた。
22:ピラトは三度目に言った。「いったい、どんな悪事を働いたと言うのか。この男には死刑に当たる犯罪は何も見つからなかった。だから、鞭で懲らしめて釈放しよう。」
23:ところが人々は、イエスを十字架につけるようにあくまでも大声で要求し続けた。その声はますます強くなった。
24:そこで、ピラトは彼らの要求をいれる決定を下した。
25:そして、暴動と殺人のかどで投獄されていたバラバを要求どおりに釈放し、イエスの方は彼らに引き渡して、好きなようにさせた。
26:人々はイエスを引いて行く途中、田舎から出て来たシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を背負わせ、イエスの後ろから運ばせた。
27:民衆と嘆き悲しむ婦人たちが大きな群れを成して、イエスに従った。
28:イエスは婦人たちの方を振り向いて言われた。「エルサレムの娘たち、わたしのために泣くな。むしろ、自分と自分の子供たちのために泣け。
29:人々が、『子を産めない女、産んだことのない胎、乳を飲ませたことのない乳房は幸いだ』と言う日が来る。
30:そのとき、人々は山に向かっては、/『我々の上に崩れ落ちてくれ』と言い、/丘に向かっては、/『我々を覆ってくれ』と言い始める。
31:『生の木』さえこうされるのなら、『枯れた木』はいったいどうなるのだろうか。」
32:ほかにも、二人の犯罪人が、イエスと一緒に死刑にされるために、引かれて行った。
33:「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。

参考


🌸聖壇のお花


日本基督教団小金井教会ホームページ

このブログの人気の投稿