聖霊降臨節第14主日の公同礼拝を守りました(2020.8.30 録音など)

説教題

「神の国を宣べ伝える」

 木戸健一牧師


⏺録音


再生できない場合はファイルをダウンロードして下さい。

📕聖書箇所

旧約:ダニエル書 3章 31-33節
新約:使徒言行録 28章 23-31節*

23:そこで、ユダヤ人たちは日を決めて、大勢でパウロの宿舎にやって来た。パウロは、朝から晩まで説明を続けた。神の国について力強く証しし、モーセの律法や預言者の書を引用して、イエスについて説得しようとしたのである。
24:ある者はパウロの言うことを受け入れたが、他の者は信じようとはしなかった。
25:彼らが互いに意見が一致しないまま、立ち去ろうとしたとき、パウロはひと言次のように言った。「聖霊は、預言者イザヤを通して、実に正しくあなたがたの先祖に、
26:語られました。『この民のところへ行って言え。あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、/見るには見るが、決して認めない。
27:この民の心は鈍り、/耳は遠くなり、/目は閉じてしまった。こうして、彼らは目で見ることなく、/耳で聞くことなく、/心で理解せず、立ち帰らない。わたしは彼らをいやさない。』
28:だから、このことを知っていただきたい。この神の救いは異邦人に向けられました。彼らこそ、これに聞き従うのです。」
29:†
30:パウロは、自費で借りた家に丸二年間住んで、訪問する者はだれかれとなく歓迎し、
31:全く自由に何の妨げもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストについて教え続けた。

参考


🌸聖壇のお花


日本基督教団小金井教会ホームページ

このブログの人気の投稿